国立新美術館10周年

2017.09.29.Fri.14:16
a86.jpg
2017.9.18 iPhone 7 Plus

この秋、国立新美術館が開館10周年を迎えています。
今年だけでも、ミュシャ展、ジャコメッティ展、二科展、と
3回も足を運びました。

a87.jpg

カウンターが7000を超えていました。
ご覧頂き、誠に、ありがとうございます。

ジャコメッティ 大回顧展

2017.08.31.Thu.20:09
a81.jpg
2017.8.30 iPhone 7 Plus

「頭部」1959年
9/4までの開催なので、六本木の国立新美術館に行ってきました。
20世紀を代表する彫刻家、ジャコメッティの大回顧展です。

a82a.jpg
「女性立像」1959年

キュビスム等への変遷を経て、この「細い人物」の彫刻という、
自分のスタイルを創り上げ、完成させました。

a83a.jpg
「インスタ映え」「拡散希望」いう近頃の流行りか、
この展示会でも、一部が撮影可能になっています。
まぁ、ありがたいことです。

a84.jpg
今回は、ポスターにもなっている、
メインの大型彫刻が撮影可能になっています。

a85a.jpg
「歩く男」1959年
細いけど、存在感が凄いです。

第8回 すみだストリートジャズフェスティバル2

2017.08.21.Mon.10:33
a78.jpg
2017.8.20 DMC-GX8 + M.ZUIKO ED 12-50mm

ソラリスエイコトリオ
去年は出演がなかったので、今回とても楽しみにしていました。
今年は「東武ホテルレバント東京」が会場です。

a79.jpg
魅力的な声です。さすがにプロ!
演奏も衣装も、この場所に相応しい心地良さがあります。
とても、すみJAZZとは思えません。外ではあんなに汗だくで演奏してるのに・・・・

a80.jpg
ホテルのラウンジで、とても大人な雰囲気。
もう少し遅い時間に、お酒でも頂きながら聞きたいところです。

a76.jpg
今年のビッグゲストの一角、タケカワユキヒデさん。
遠い、もう少し長いレンズ持ってくればよかった~

a77.jpg
氷の彫刻、毎年やってます。

第8回 すみだストリートジャズフェスティバル1

2017.08.21.Mon.10:28
a71.jpg
2017.8.19 DMC-GF3 + G VARIO 12-32mm

今年も、すみだストリートジャズフェスティバルに行ってきました。
DON ALMAS 今年で4回目の出演、すっかり常連ですね。
今回は、「すみだパークスタジオ」での演奏。少し離れた会場で、
偶然に立ち寄る場所ではないのですが、満席で立ち見も出ていました。

以前に見た時よりトークが上手になっていました。
今年から「にっぽん丸」でのクルーズ演奏を始めたとのこと、
1週間に渡り、毎日ほぼ同じゲストに対して演奏をするそうです。
それで、トーク力に磨きが掛かったのでしょうね。

馴染みの曲をフラメンコギターで、彼ら風に演奏するというのがスタイルです。
鬼平犯科帳のテーマ「インスピレーション」も例年通りに披露してくれましたが、
本家「ジプシーキングス」よりはるかにパワフルです。
原点に立ち返ったそうで、ユニットのみでした。

a72.jpg
くまトリオ スタンダードジャズ

a73.jpg
すみJAZZは、いつも錦糸町まで自転車で(20分位)行きます。
半分ほど進んだところで雨に降られ、引き返そうかしばし悩みました。
しかし、午後3時には、こんな青空に・・・・
引き返さなくてよかった~

a74.jpg
エマ・ケイシー POPな演奏

a75.jpg
暗く雲行きが怪しくなって来たので、帰路につきました。
自宅でシャワーを浴びていたら、外は豪雨に・・・・
いいタイミングで帰ってこられました。

大ラジカセ展 CSD-XR90

2017.08.16.Wed.18:51
g66.jpg
2017.8.10 iPhone7 Plus

8/2(水)-8/14(月)まで、西武渋谷A館にて「大ラジカセ展」が開催されていました。
NHKのニュースで知り、行ってきました。
g67.jpg
↑ このコーナーのラジカセは40年位前のものだと思います。

↓ 下のCDラジカセ、CSD-XR90という機種ですが、実は30年程前に私がデザインしたものです。
ブルータス等の雑誌にも何度か取り上げられました。当時の定価、88,000円。
通電すると、本当は中央のディスプレイがキレイなブルーに光ります。
g69.jpg
大きかったので、A1のトレペ1枚に3面図が収まらず、CADがあれば何でもないことですが、
この頃はまだCADを使っていなかったので、A1のトレペを貼り付けたドラフターを3セット用意し、
大変な苦労をしてデザイン図面を描いたことが思い出されます。

デザインは極めてアナログ的な手法で進めましたが、
外装設計は、3D CAD「フレスダム」で行っています。

g68.jpg
いわゆる、バブルラジカセと呼ばれているものですが、
今見ると、驚くほどデカイです。

この展示会は、初期のラジカセからCDラジカセまでが展示されていますが、
バブルラジカセを中心に、「CDラジカセ→MDラジカセまでの変遷」を
テーマにして頂けると、また楽しい展示になるのではと期待しています。

g70.jpg
中央のカタログにある、赤いラジカセ CS-J25 も私のデザインです。
実物は来ていませんでしたが、懐かしかったです。
(大ラジカセ展より)